現在産休中です!7月中に復帰後のスケジュールを公開いたします

マンガ家ってどんなお仕事?清水しの先生にインタビューしました!⑧

4月20日〜7月31日は産休です。今後の予定はこちらから

産休後のスケジュールは7月中にお知らせいたします

たま〜にYouTubeやってます。見てみてね!こちらから

まいど、

仕事運専門占い師・兼オタクの宮田シロクmiyatasilok)です。

マンガ家の清水しの先生にインタビューしたこちらの記事、前回の続きです。

出版を取り巻く環境が激変した

私の体感ですけど、なんか、3、4年くらい前からすごい変わったな~って思ってて。
私、それこそ『狼少年は嘘をつかない』を連載してた頃はウェブとか存在はしたけどそんなに盛り上がってはないし、ここまで出版社も重要視してなくて。
ウェブでのプロモーションも、例えばTwitterに作品の公式アカウント作って宣伝アピールするとか、そういうのも全然やってなくて。たった3年なのに激変したな、みたいな…。

しの先生

created by Rinker
¥1,296 (2019/07/19 08:21:59時点 Amazon調べ-詳細)

ー確かに~!3年て、めっちゃ短いですよね。中学生に入って卒業するまでですもんね。
それで世の中が激変するって冷静に考えると、怖いですよね。

そうですよね、たまたま急速に変化したのかこれからもっと変わるのかわかんないですけど。

しの先生

ーどうなるんでしょうね~。

最近は自分で本を作って自分で発送する人?同人誌界隈以外でも見るようになっってきた気がするんですよ。

私はムーンプランナーという手帳が好きで、そこの方が書籍も作ってて販売してるんですよね。
あとたまたま見たのが、Twitterでめっちゃフォロワーが多い、英単語の解説アカウントの人がどうやら本を作ったみたいで、自費出版でそれも売ってるんですよ。

電子でですか?紙でですか?

しの先生

ー紙で紙で!ムーンプランナーの書籍も紙なんですよ。

なるほど~。

しの先生

ー自費出版は昔は同人界隈だけ?作品への情熱がある人だけだったと思うんですけど、今はたぶん、敷居がすごく下がったと思うんで。

手帳もオリジナルのを1冊から作れるサイトがありますし。自分の組み合わせで、日付も好きなとこからできるみたいな。1冊から製本して送ってくれるんですよ。

そういうのがこれからも増えるんで、それだけを集めた流通に乗せるサービスとかを出せば…。作家さんにどれくらいバック出来るかわかんないですけど。売るだけなら、けっこういけそうな…。

本当ですよね、すごいな~!

作家さんが資金調達できるシステムが、noteと、pixivの中にあるFANBOXというところと。

あと、動画でのサービスを作ろうとしている方もいらっしゃいますね。マンガ、マニメーションみたいな造語を作ってて、自動で開いてく漫画作品を動画にして、動画の再生数でお金稼ぐみたいなシステムで。
あと、つい最近どっかが出した投げ銭システムがあって。noteみたいな。
なんか、いっぱいできてるな〜って感じで笑
私は結局クラウドファンディングしかやってないですけど。

もしそういうシステムだけで今までの原稿料と同じだけ稼げたら、ずっと描きたい物打ち切りなしで描けるよねって思うんです。
そして、読者の人も読めるよねって思って。

打切りになるのって結局、そのラインを超える資金を回収できる程、売れなかったって訳ですから。好きで読んでる人からしたら、途中で終わって悲しい気持ちしかないじゃないですか。

しの先生

 

XRP Tip Botのことだと思われます。

 

ー関係ないですもんね。読んでる人からすると。

全然、関係ないから。読んでる人は出版社のウェブサイトだろうが、個人のウェブサイトだろうが読めれば別に良い訳ですよね。

しの先生

ー確かに。

今の時代なら終わってしまった作品の続きを描くことができるはず

ずーっと、ちゃんと完結するまで読んでもらえることが出来ると考えると、今すごく良い時代じゃないですか。

しの先生

ーホントだ~!!そう考えると、続編書いて欲しいもんがいっぱいある!いろんな作家さんの。

私も凄いある!でも、お金の問題は、まだまだあるからどんなものなのかは、わかんないけど。可能性はあるよね~とは。

しの先生

ー可能性しかないですよね。そしたら私、『保健室の死神』の続き読みたいな~。あれ絶対アニメ化すると思ってたのに。

私は『左門くんはサモナー』読みたいですよ。

しの先生

ー『左門くんはサモナー』どんなんなんだろ?

あれもジャンプだったと思います。人から勧められて最近読んで、わー面白い〜!!ってなったんですけど、10巻くらいで終わっちゃってて。すごい悲しくて。

しの先生

ー『左門くんはサモナー』か。読もう。

created by Rinker
¥4,320 (2019/07/19 08:22:00時点 Amazon調べ-詳細)
ぜひ読んでください。
でも、バクマンとかでもそうですけど、マンガ家さんのイメージってどうしても一攫千金みたいなのありますよね。アメリカンドリームみたいにすごく有名になって、功名心が満たされるみたいなのあるじゃないですか。今の時代はもしかしたら、そういうのは満たされないかもしれないですね。

しの先生

ーま~ね。確かに。

成功して、印税生活で左団扇になってペルシャ猫ナデナデする、みたいな。そういうイメージももう古いのではとちょっと思いますけど。

しの先生

ー多分、ルートが違いますよね。純粋に描き続けたい人と成功したい人とは、また別問題ですもんね。

両方やったら、いいんじゃないかなって今思ってて。

理想としては出版社の編集さんと一緒に『進撃の巨人』とか『ワンピース』とか、あれ級の大ヒットは一緒に努力して。

同時に自分の既存の作品とかを地道に描いて、それを読んでくれる人のために描く。
両輪でやって行ったら、収入も増えるし良いんじゃないかな〜って。

しの先生

ーファンも増えるし。

今そういう状況には、なってると思いますけどね。

しの先生

ーそうですね。

今、SNSをやりながら、出版社で連載してるって作家さん多いけど、SNSでただで提供してるものに資金が入るようになれば、もっと気楽に出来るよね、っと思う。ここまで売上に怯えずに。

しの先生

 

次回はこちら!

愛をこめて。シロクでした!

これまでいただいた占いのご感想はこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スパム対策として日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。