NEWS
  • 動画「手取り12万の工場派遣から年収1000万の占い師になるまで(44分)」メルマガご登録(無料)でプレゼント!
  • これまでの活動、実績はこちらから
  • オンラインコミュニティ「サロンユーリカ」の詳細、お申し込みはこちらから

    まいど、女性のための仕事運専門占い師・宮田シロク(@miyatasilok)です。

    蠍座

    蠍座の神話

    蠍座の話ですが、最後の最後にしか蠍は出てきません。

    まず、蠍座の神話では海神ポセイドンの息子であるオリオンが出てきます。

    オリオンには、大変美しいシデという妻がいました。

    このシデ、とても自信過剰で、

    「私の美しさはゼウスの妻、ヘラよりも美しい」と豪語していたことから、ヘラの怒りを買い、殺されました。(あっけない…。)

    シデが亡くなったので、オリオンは次の妻探しを始めます。

    その際にオリオンが立ち寄ったキオス島で国王であるオイノピオンの娘、メロペに一目ぼれします。

    メロペにメロメロになるわけですな…。

    オリオンはメロペとの結婚を望みましたが、オリオンの乱暴な性格を見て、オイノピオン王は反対し、結婚したければライオンを退治しろという条件を出します。

    オリオンは仮の達人でしたから、簡単にライオンを退治して戻り、オイノピオン王に捧げました。

    オイノピオン王はどうしようか渋っていると、オリオンはしびれを切らして、酒の席で強引にメロペと体の関係を持ちます。

    それに怒ったオイノピオン王は、ブドウ酒の神であるディオニュソスに頼み、オリオンを泥酔させ、目の視力を失わせます。

    視力を奪われたオリオンは目を治療するために、旅に出ます。

    「太陽の光で目を治療できる」というお告げを受け、太陽の神であるヘリオスに会いにいきます。

    ヘリオスにはエオスという妹がいました。

    エオスはオリオンに一目ぼれし、兄のヘリオスは恋の手助けとばかりにオリオンの目を治し、オリオンとエオスの交際が始まりました。

    目が治ったオリオンはオイノピオン王に仕返しをするためにキオス島に戻ります。

    「やられたやり返す、倍返しだ!」と言ったとか言ってないとか…。

    仕返しをしようとしましたが、オイノピオン王は隠れていて見つからず。

    キオス島からクレタ島まで行き探しましたが、見つかりません。

    オイノピオン王を探しに行ったクレタ島で、オリオンは月の女神であるアルテミスに出会います。

    アルテミスは狩りの達人であるオリオンに一目ぼれしてしまいます。

    オリオンが正式に付き合っていたのはエオスでしたが、他にも美しい女性を見つけては追いかけたりしていました。

    ですからエオスとの交際にも不穏な空気が流れはじめ、エオスからアルテミスに乗り換えてしまいました。

    調子に乗ったオリオンは、態度や言葉も横柄になっていき、挙句の果てには「仮に関しては自分に叶う動物は一つもない」と豪語していました。

    これまで散々好き勝手にやってきたオリオン。

    その態度を良く思わないものは少なくありません。

    その一人が大地をつかさどる母神ガイアです。

    ガイアがいるからこそ、オリオンは狩りをし、その恵みを受け取れるのです。

    その恩恵を忘れているオリオンに怒り、ガイアは大きな毒サソリにオリオンを殺すように命じました。

    毒サソリはのっそりとオリオンに近づき、一突きすると、オリオンはあっという間に死んでしまいました。

    オリオンを殺したサソリの手際の良さが認められ、そのまま天にあげられ、蠍座として星になりましたとさ。

    同時に、サソリの毒にやられたオリオンの死を悲しんだアルテミスが、神々の王であるゼウスに頼んでオリオン座として星座にされました。

    今でも蠍座が東の空に出ると、オリオン座は西の空へ引っ込んでしまうように、オリオンはサソリを恐れているのだとか。

    神話をまとめてくれた人・ライターYさん