NEWS
  • 動画「手取り12万の工場派遣から年収1000万の占い師になるまで(44分)」メルマガご登録(無料)でプレゼント!
  • これまでの活動、実績はこちらから
  • オンラインコミュニティ「サロンユーリカ」の詳細、お申し込みはこちらから

    まいど、女性のための仕事運専門占い師・宮田シロク(@miyatasilok)です。

     

    アスペクトやハウスがわかる人向けの記事です

     

    私がやっている星占いはある瞬間、ある場所での天体の位置を平面化したもの=ホロスコープを読み解いてさまざまな事柄を占う…というものです。

    非常に複雑かつ歴史も古く、たくさんの流派?があるため「勉強したけど難しくて…」という声をよく聞きますが、結局は12星座と10天体をていねいに読んでいくしかありません。

    ですが自分を深く知るにはとても役に立つツールですので、興味のある人はがんばってほしいと思っています。

    あと占ったお客さまの多くがそのおもしろさに目覚めてどんどんホロスコープに詳しくなっていくんですけど笑、これめっちゃ嬉しいです(о´∀`о)

     

    ちょっと恥ずかしいのですが私のホロスコープはこちら

     

    太陽 牡羊座3ハウス

    太陽…自分自身、自我、人生で目指すべきものや目標とするもの

    牡羊座は12星座でいちばん最初の星座です。過去はなく、この世界に自分しかいません。

    牡羊座は怒りやすいとかケンカっ早いとか言われるのっは自分しかいないからなんですね。いわば生まれたての赤ちゃんみたいなものなので、他人を深く理解したり鑑みたりする力が弱いわけです。なんかすいません。

     

    この世に生まれたからには生き抜きたい、生への執着が強く火花のような瞬間的な輝きで生きている実感を得ようとします。

     

    3ハウス

    コミュニケーション能力や初等教育、読み書きに関する部屋。

    太陽をこのような分野で輝かせないといけないということです。

     

    私はことばそのものが好きで、昔から名言集をよく読んでいたり10代のころも校内の弁論大会で登壇したり…などがありました。読書感想文とかも得意でしたね。高校生のころは頼まれて代筆したこともあった笑

    やたらフリーフォントを集めていたのもこのせいでしょう。

    あと今思い出したけど、小さいころ妖精語とか言って自分で言語作ってたw

    あいうえおを記号にしたものでした。

     

    本も好きでしたが牡羊座のため、あんまり長い小説なんかは読めないんですよねえ…これまで読んだなかで一番長かったのは『ねじまき鳥クロニクル』かな。しんどかった。

    むしろ都々逸とかが好き笑

    また別で書きますが、水星は3ハウスがナチュラルハウスなのでこの影響も多大です。

     

    星占いではプログレスの新月が今後30年のテーマをつかさどるなんて言いますが、これも長すぎてあんまり興味ない…一応自分のは見ますけど、ふーん、くらいかな…。

     

    アスペクト

    月スクエア

    メジャーアスペクトのハードは180°と90°ですけど、180°のオポジションより90°のスクエアの方がしんどいです。

    オポジションは真っ向勝負ができる関係なのにたいして、スクエアはその度数のとおりまっすぐ進んでいると真横から邪魔が入るイメージです。

     

    いわゆる「運が悪い」みたいなアスペクトですが、太陽と月の場合はつまり自分が自分でいてはいけない感覚をつねに抱いているのだと思います。

    自己肯定感やプライドが低いとかではなく、このまま生きていてはいけない気がすると言いましょうか、可能なら誰か違う自分として生まれたかった感覚。

     

    太陽と月のハードは公私がバラバラになったり、あっち立てればこっち立たずみたいにもなりやすいです。これまでの会社でも休憩中に業務の話するのとか大嫌いでした。

    P!nkで『Don’t Let Me Get Me』という歌がありますが、この歌詞めっちゃ刺さるんですよ笑

    わかりすぎる〜みたいな。ヒリヒリするわ。

     

     

    これを乗り越えるにはどちらも自分なのだと「ただ受け入れる」ことだと思います。

    かくいう私もスクエアが消化できた気がするのはつい最近でして、オンラインサロンを一緒に運営しているあやみさんのコーチングを受けてでした。

    彼女は「ただ傾聴してただけでシロクさんが勝手に気づいた」と言っていますが、このときからスクエアのスイッチを自分でオンオフできるようになった気がします。

    Voicyというラジオアプリでパーソナリティーもしているのですが、収録が終わったらいきなり話し方がゆっくりになるんですよね〜。スイッチが切れる。

     

    弟は逆に太陽と月がコンジャンクションなのですが、前に「占星術の検証として聞きたいんだけど、あんた自分として生まれてよかったと思ってる?」と聞いてみたところ、「思ってるよ!」と返ってきたんですよ。

    もうほんとこれにはびっくりしちゃって笑、3人兄弟で一番こいつ大丈夫か?と思われてる子なのですが一番幸せそうだからいいか、みたいな。

     

    ハードアスペクトは人生にこれじゃダメ感を与えるのに対して、ソフトアスペクトは現状に満足してしまって向上心を持ちにくいと言われるのはこのためですね。

    でも本人が幸せならいいんじゃないかな。

     

    木星・天王星トライン

    11ハウスの木星・天王星ともに自分ではコントロールしづらい天体であると同時に、性格よりは人生そのものに与える影響なので自分で認識はしづらいと思います。

    というか、ソフトアスペクトは強みの部分ですので自覚しづらいですね。お客さまにも「◯◯得意ですよね?」とか聞くと「あ〜、そういえば苦じゃないですね」みたいな。そのくらい。

    いやそれめっちゃ強みですから!って言うんですけど笑、自分のことになるとやはりわかりづらかったりします。

    ハードアスペクトはダメな部分として出たりしますので自覚している人は多いんですけどね。「こういうとこ気をつけた方がいいですね〜」なんて言うと「わかります〜(苦笑)」みたいに言う人が多いです。

     

    私のトラインに関すると、ただSNSとかで縁を得やすいみたいかな?このへんはようやく自覚ができてきました。もっと意識的に使っていきたいところです。

     

    星占いは元々は天文学として発達した学問であり、天王星があらわします。スピリチュアルな占いは海王星。

    まあ、わりと典型的な星占い師になりやすいホロスコープかもしれません。

    天王星は水星の1オクターブ上の天体なんて言われますが、自分独自の考え方やこだわりみたいなものも示します。

    どうやら私は自分の中の美学みたいなものが強いかもしれないと最近思えてきたのですが、天王星の影響なのかな。

     

    またちょこちょこ他の天体も読んでいきます。

    鑑定では運気だけでなくこういった自己分析もしますのでぜひお気軽に。