占い師になるためのリアルステップ9【誰のためのサービスなのかを決める】

  • URLをコピーしました!
NEWS
  • 「ホロスコープから自分を知り、好きを形にする」6日間の無料動画講座がメールで届きます!ご登録はこちらから
  • 「読めない」→「読める!」にする占星術オンラインスクール【ユーリカ】の詳細、お申し込みはこちらから

まいど、女性のための仕事運専門占い師・宮田シロク(@miyatasilok)です。

これまでひとつひとつのステップを説明してきましたが、ある意味すべて自分の好きなように決められるものばかりでした。

今回決めたいのはターゲットなのですが、ここが一番苦戦して、しかし一番大事なところでもあります。

結局、あなたは誰のために占いをするのか?

そうなんです、いきなり他人が入ってくるんです。

でもね、仕事って本来他人のためですよね。
「自分の好きなことで収入を得たい」
「好きな時間に働きたい」

全部わかります。わかるんですけど、あなたが客の立場だったとして、こんなふうに自分のことしか考えてない人のサービスを受けたいと思いますか?私はちょっと嫌です。

でね、ターゲットとか、誰のためって言うと、

・性別
・年齢層
・既婚or未婚
・子どもありorなし
・非正規or正社員
・パートナーありorなし


などなど、こんなかんじで分類されますよね。

他にも住んでいる地域で分ける方法もあります。
地域は店舗を出す場合は必要になりますね。

ここまではなんとなくは考えていらっしゃると思います。

じゃあ私の場合、

  • 女性
  • 40代
  • 既婚
  • 子どもあり
  • 自営業
  • パートナーあり

上記の分類ではこうなります。

でもさー、ぶっちゃけこんな属性並べられたところで、
「これ私のことだ」ってなんないわけよ。

だって41歳と49歳では違うし、
初婚なのか再婚なのかでも違うし、
子どもも年齢や性別、人数でも違うし、

「これ私のことだ」ってならないということは、
「この人は私のためを思ってくれてる」とは感じないってことですよね。

つまり、
「自分のための商品ではない」
「なので買わない」

ということです。

めちゃくちゃやらしい話しますよ。

「これ私のことだ」って思わせることができれば買ってもらえます。

「好きな仕事をしたい」という自分目線から、
「あなたのために仕事をしたい」という相手目線になる。

この意識の切り替えができないから売れないんです。
誰のため?が曖昧なままだから、合わない人に売ってしまって疲弊するんです。

あなたの商品は誰のためですか?

それではみなさん、素敵な占いライフを。

愛をこめて。シロクでした!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

\SHARE/
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1983年兵庫県出身・コテコテの関西人。
西洋占星術歴10年の太陽牡羊座・月山羊座。
電気ガスがすぐ止まり借金取りがドアを叩く家庭でDVを見て育つ10代→家なし職なし男なしの20代→努力が何にもならない会社に嫌気がさし副業に精を出す30代→チクられ退職→1年未満で収入が会社員時代超え←イマココ!
やればやるだけ結果が欲しい、結果が出ないのは自分の責任。そんなガツガツしたい人のために星占いをいかに効率良く利用して稼ぐかを日夜研究。金のことしか考えない銭ゲバ占い師。

一方で割とガチのアニメオタクだが腐女子ということを夫(非オタ)に隠す日々。

詳しいプロフィールはこちらから。

Contents