現在産休中です!復帰後の先行お知らせがほしい方はこちら

何回も言うけど西洋占星術で性格を占いたいなら月星座やで

4月20日〜7月31日は産休です。今後の予定はこちらから

産休後のスケジュールの先行お知らせがほしい人はこちらから

たま〜にYouTubeやってます。見てみてね!こちらから

どうも、

仕事運専門占い師・兼オタクの宮田シロクmiyatasilok)です。

月星座はやってるみたいですね。かく言う私も、占星術にハマったきっかけは月星座で見る性格が当たっているからでした。

今日はそれについてちょっとまとめてみます。

ホロスコープとは?

  • ある日
  • ある時
  • ある場所から見える

天体の位置を平面化したものです。

私の生年月日は1983年4月6日、00:55で兵庫県伊丹市生まれです。

その日その瞬間、そこから見える天体を平面化するとこうなります↓

これがネイタルチャート(その人の誕生日のホロスコープ)というものです。

月星座とは?

「私は◯◯座生まれです」というあれ。
あれは太陽がその星座ゾーンを運行していた時に生まれましたよ、ということです。

太陽は365日かけて輪っか状になった12星座の上を通るように(地球からは)見えます。

365日÷12星座=約30日です。

つまり、約1ヶ月かけてひとつの星座の上を通ります。

 

しかし、天体は他にもたくさんあります。というか占星術では最低10個の天体を扱います。

そのひとつがです。

月も12星座の上を通るように見えるのですが、太陽とは速さが違います。

なんと12星座を1周するのに約29日。なかなかのスピードスターです。

29日÷12星座=約2.4日。

ということは、約2日半でひとつの星座の上を通過します。
もちろん、日付が変わった瞬間に星座が変わるというものではありません。というか占星術って暦ができる前からある占いだし。

そうなると、誕生日が同じでも生まれた時間が違うと月星座が違う可能性があるということです。

月以外にもその他の天体、地平線、天頂、月の遠地点、小惑星など、見るポイントは多岐にわたります。

 

そんなわけで、生まれ持ったホロスコープというのはひとりひとり違います。同じ人間なんていないので、当然っちゃ当然です。

たまに「特別なホロスコープってありますか?」とか聞かれるんですけど、同じものはないんでね〜。みんな特別だし、みんな特別じゃないとも言えますかね。

太陽星座と月星座の違い

太陽星座とは
  • 人生の最終目標
  • 人生で目指すべきもの
  • 生きる意味など
月星座とは
  • いわゆる性格
  • 癖や愛着を感じるもの
  • 情緒、プライベートな面など

簡単に言うとこんなかんじです。

性格を占いたいなら、月星座を調べなければいけません。
まあこれがすべてじゃないけどね。

本当にホロスコープってひとりひとり違うの?

信じてもらえるかはわかりませんが、24時間分ホロスコープをぐるぐる動かした動画を作りました。

ちなみに2019年2月6日、東京から見た24時間、10分ごとに動かしたの場合の動画です。

この中から自分が生まれた瞬間のチャートを立てようと思うと、ほんの一瞬を切り取ることになります。

月星座の調べ方

こちらの記事を参考にどうぞ。

月星座がわかったら

あとは「◯◯座 性格」とかでググればいいだけです。わーお簡単。

たとえば、私は牡羊座生まれですが月星座は山羊座です。
「山羊座 性格」とググってみると、たくさんの解説サイトが出てきます。そして「当たってるわ〜」とか感じるわけですね。

こちらの記事も見てみると役に立つかもしれません。

月星座ごとに、どんなセリフが相手の琴線に触れるかまとめてます。

 

まあそんなかんじです。

愛をこめて。シロクでした!

これまでいただいた占いのご感想はこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スパム対策として日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。