5・6月の受付スケジュールはこちら

占い師に『半年だけ働く。』は可能なのか?

どうも、

大阪・梅田の仕事運専門占い師
兼オタクの宮田シロクです。

 

割と発売直後にKindle版を買って読んだのですが、感想をまとめないまま放置していたこちらの本。

 

 

村上アシシさんの『半年だけ働く。』

私はこの著者の方を存じ上げなかったのですが、サッカーのサポーターとして有名なんですね。

サッカー全然見ないから知らんかった…

元アクセンチュアだそうですが、私が一緒にVoicyでパーソナリティをさせていただいてる丹波先生も元アクセンチュアです。

たぶんめっちゃすごい会社←

 

内容は?

  • サラリーマンしてるとやりたいこと全部できない
  • なので経営コンサルタントとして独立した
  • 独立までの道のり
  • 各業界での独立方法

 

など具体的な話から後半のミニマルなライフスタイルまで「フリーランス」に特化した本でした。

後半は独身で実家があるからこそできることとかもありましたが(趣味で集めているサッカーのユニフォームは実家に送ってるらしい)興味深く読ませていただきました。

 

起業の本はたくさんあるけど、フリーランス向けの本はあまりなかったような気がするので時代ですね〜

 

では独立方法が書かれている各業界ですが、

  • (IT業界などの)知識産業
  • コンサルティング業界
  • (人事、経理、総務などの)業務代行
  • 医療業界

 

う…占い師入ってない!笑

知識産業にむりやりねじ込んでいいのかしら。

 

占い師に『半年だけ働く。』は可能か?

コンサルタントと共にうさんくさい職業トップ3に入る占い師ですが、この本を参考に半年だけ働くことは可能かどうか計算してみました。

 

参考

何やってる人? 社会人が「うさんくさいなぁ」と思う職業ランキング! 3位「占い師」2位「探偵」......マイナビフレッシャーズ

 

まず、著者の村上アシシさんはタイトルのとおり半年だけ働き、残りの半年は大好きなサッカー観戦のために各国を飛び回っているそうです。

なんと預金残高の推移も載っていたのですが、稼ぐときに一気に稼ぎ600〜1000万円ほど貯め、それがなくなったら職探しをする…というスタイルだそうです。

預金残高がほぼゼロになったときも何度かあるようですので笑、これムリな人はムリですね。

 

ただ自力で1円でも稼いだ経験があると、1円が10円、10円が100円、とどんどん経験値と自信がついてくるので、おそらく預金がゼロになりそうなときも不安は感じてないんじゃないかな〜と思うのです。

働いたらまた稼げるからいいや、みたいな。

 

では計算してみましょう。

私は現在60分12000円で占いの依頼を受けています。

よく相場を聞かれるのですが、これは完全にピンキリなのでなんとも言えません。もっと安い人ももっと高い人もいます。とりあえずこれで計算するとして、

 

まず半年で1000万円貯めるには、

10,000,000円÷12,000円=833.333…

 

半年で834人集客ができたら可能です。

 

では毎月何人集客すればいいかというと、

834人÷6ヶ月=139人

 

では1ヶ月にだいたい22日間働くとして、1日に何人集客すればいいのかというと、

139人÷22日=6.3181…

 

1日6人!けっこう厳しい!笑

集客の可否以前に毎日6人占うってまじフルタイムじゃん…

もちろんこれは生活費や税金などは全く考慮していませんので、あと数百万円必要になります。

 

結論としては不可能ではない

単価が高い人、稼働日はフルで鑑定できる人は可能と言えるのではないでしょうか。

思ったより雲の上の話ではありませんでした。まあ結局は集客力ですね…

 

占い師がもう少しゆるく1000万円貯めるには?

  • 単価を上げる→今のところ考えてない
  • 生活水準を落とす→絶対やだ
  • 半年働くではなく9ヶ月働くなど、働く期間を伸ばす→アリ
  • 他のマネタイズを考える→一番有効

 

この本は完全に半年働くor休むではなく、9ヶ月働いて3ヶ月休むなど自分に合ったライフスタイルを目指そうよー的なことを言っているものですので、たとえば1ヶ月に半分だけ働いて月商50万円目指す、とかでもいいわけです。

 

私はどちらかというと半年休むよりどこにいても稼げる手段が欲しかったので、今の家で仕事ができるスタイルを強化すべきだなあと改めて思いました。

 

一番たいせつなのはどんなスタイルで生きたいか決めること

この著者の方は「サッカー大好き」→「世界中にサッカー観戦に行きたい」→「じゃあ半年だけ働くわ」というスタイルに落ち着いたようです。

 

私はというと、「家でゆったり働きたい」「旅に出るなら暮らすように」というスタイルを目指しています。

若いころイギリスにホームステイしていたことがあるのですが、海外でお昼寝とかするとめちゃくちゃ贅沢な気分になるんですよ笑

いつも働いていたいんだけど、場所を選ばず仕事ができれば個人的には最高です。

 

ワークライフバランスとか最近言いますけど、よくよく聞くと専業主婦になって外では働きたくないって人もいますしね。

専業主婦ってびっくりするくらい忙しいから、私は仕事してる方がいいかなあ…家族の健康と平和を支えるってすごいことですし、それもひとつの生き方だと思います。

 

感想まとめ

個人的な感想です。

 

  • 私は別に半年休まなくてもいい→この本を読んで自分でも意外に感じた。読むまでは半年休みたいと思ってた笑
  • むしろいつでも働きたいけど、場所にとらわれずどこでも仕事がしたい→今のところクリア
  • 目下の課題は占い師以外のマネタイズを考えること→オンラインサロンの他にも何かほしい

 

コンサルタントや占い師は特別な仕事だと思われがちですし、実際ちょっと敷居の高い職業かもしれません。

しかしこの本が多くの人の役に立つと思った点は、「業務代行」「医療業界」についてもふれられているところでした。

 

私もこの本を読むまで総合職にフリーランスがあることを知りませんでしたし、紹介されている業界についてはきちんとエージェントも記載されていました。

ちなみに医療業界のフリーランスについては「ドクターX」見て知りました笑

 

知らないだけで、世の中たくさんのエージェントがあるんだろうなあ。

 

村上アシシさんの『半年だけ働く。』はこちらから↓

 

 

愛をこめて。シロクでした!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スパム対策として日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。