12・1月の受付スケジュールはこちら

何着ていいかわからないならまずメンズファッション誌買え

まいどー、好きなCP傾向は主人公総攻め(例:黒子様総攻めなど)、

宮田シロクです!

 

 

見た目があーだこーだ書いてますけど、私も割とっていうかめちゃくちゃセンスは悪かった方です。

なんなら今も別におしゃれではないです。

 

長子だったからそもそもおしゃれに関する情報がないし、

オカンのお古ばっかだし、

どこで服買うのかわからないし、

学生の頃友達と遊びに行っていつも「私ダサい…」って思ってました。

電車で偶然知り合いを見つけて、うつむいて自分だとバレないようにしたこともあります。自分がダサすぎて。

 

 

でも俺は諦めなかった。何故ならモテたかったからだ。

ちなみに今はもう結婚したからモテとかはいい。あとはいかに夫に飽きられないかのみだ。

そうして貴様らに今このノウハウを余すところなく教えてやろうとしてるんだありがたく思え。

 

 

ここでは「他者評価を上げるための服装」を前提にしてます。

「自己主張のための服装」はコスプレスタジオでのみやってください。

 

「他者評価を上げるための服装」についてはこちらをどうぞ⇩

内面を見てほしかったらまず貴様のその外見を整えろ!

 

何着ていいかわかんない…ってのはある。

今もある。なので本屋に行きます。

 

メンズファッション誌のコーナーに。

 

そこで手当たり次第にパラパラ雑誌をめくって、自分好みの服装の男性が載ってる雑誌を見つけます。

 

間違えてほしくないのは、「服装」で「顔」じゃないから。

 

私はこれを買ってみました。

 

 

立ち読みして、こういう服装や、

 

こういうの、

 

が割と好きな格好かな〜と思ったので。

まあブログネタ用なので適当に選んでますが。

 

重ねて言いますが、顔ではなくて服装で選んでください。

 

そうやって1冊選んだらまたパラパラやって次は女性モデルが出てくるページを探す。

 

『彼女と行きたいデートスポット』とか、なんかそんな感じの特集に出てくる割合が多いです。

ホワイトデーとかクリスマスあたりはさらに増えると思います。

 

結論としては、

あなたが目指すべきファッションはそれです

 

つまりこれ。

この雑誌はモデルではなくて家族スナップだったんだけど、

こういう服装の男の隣にはこんな服装の女がいるんですよ↓

 

こういう服着てる女ね。

 

 

わかった?

自分がするべき服装のイメージがついたところで、ここでようやく女性ファッション誌のコーナーに行くわけです。

 

闇雲にファッション誌買ってもお金の無駄です。

契約者らしく合理的な判断をしてください。

 

今回の例では、このへんの雑誌が当てはまるかな?

 

 

こういうのはちょっと違う。

 

 

 

私これ10年くらい前から思ってるんですけど誰も言わないんで書いてみました。

 

こうやって自分の方向性を決めるいいところは好きな服装をしている男が好みそうな女の服装=たいてい自分も好きな服、ってところです。

 

ゴスロリなのにギャル男を好きにはならないですよね。

つまり、もしあなたがギャル男が好きなら自分も好む服装としてはギャル系の可能性が高い。

 

わけもわからず男のために好きでもないファッションをするのとはまた別なんです。

 

たとえ本屋であろうと下界に降りたくない方はカップルスナップでも見てみてください。

まあメンズファッション誌より心を抉られること請け合いだけど。こういうの。

「東京カップルスナップ」TOKYO GRAFFITI WEB|東京グラフィティ

 

別に普通に女性向けのファッション詩の男性モデルが出てくるコーナー見て判断してもいいんですけど、やっぱりスーツ姿が多いんで効率悪いですよね。

 

もちろん、最新刊である必要は全くないのでKindle読み放題だと家にいながらいろいろ見比べることができるので便利です。おすすめ⇩

 

今日のまとめ

まずメンズファッション誌見て自分の方向性を決めろ

 

 

愛をこめて。シロクでした!

これまでいただいた占いのご感想はこちらから。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スパム対策として日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。