10月の受付スケジュールはこちら

自分が言われて嬉しいことを相手に言いなよ

宮田シロクです。占い師です。

 

こないだ夫が珍しく「俺の癒しはシロクちゃんだけやわ」とか言い出したんで、

「息をするように嘘をつくね、」って返したらけっこう本気で怒られました。

願いはいつでも夫婦円満!

 

 

貴様ら婚活サイトでこんなメッセージは送ってないよな?

 

某SNSで見知らぬ人から立て続けに友達申請が来たのでこの場を借りてやつらのメッセージを添削してみます。

これは貴様らがネット婚活する場合にも非常に役立つはずなのでしっかりメモするように。

「俺のことだ…」と思い当たる者は私のブログネタになれたことを光栄に思え。

 

晒されるのはこの3人です

 

Aさん:無言の友達申請

Bさん:はじめまして◯◯と言います、良かったら仲良くしてやってください。

Cさん:(要約)僕も●●なんです、よろしくお願いします。

 

まずAさんは言わずもがな。

メッセージも何もなく突然の友達申請だったのでこちらも無言でATフィールド全開。

 

そしてBさん。

100万人に同じメッセージ送ってるんでしょうね。

iPhoneのメモとかにこの文章保存してるんじゃないですか?

むしろはじめましての「は」でこの文章出るようにユーザー辞書設定してる勢い。

あまりにもどうでもいい&返しづらいメッセージのため、

「私は拒絶する!」

と織姫タソばりに叫びたい。

 

最後にCさん。

「僕も●●です云々」と一応お互いの共通点をアピール。この中では一番メッセージもまともに見えるけど惜しい。

何が惜しいって、この●●って他にもたくさんいるんですよ。

たとえば同じ学年ですね、くらいのノリ。

同じクラスでも嫌いな人間が山ほどいるのに同じ学年ってだけで仲良くなれるほどオタクはコミュ力高くない。

ここに私の何が良かったかがあるとなお良し。

 

ネット婚活というのはシャバに出たくないオタクには優しいシステムですが、この「はじめまして」のメッセージで決まると言っても過言ではないある意味シャバより厳しい世界でもあります。

 

貴様らこの中で一番やってはいけないパターンはどれかわかるか?

 

正解はBさんのパターンだ。

 

こちらのことを全く考えていないのに低姿勢を装っているため無視がしづらい。

そういう意味では心置きなく無視できるのでAさんの方がまだマシ。

 

Cさんはあれだな、

「そうなんだ~」の合コンさしすせそあたりで会話が成立しそうで何にもならないがまあとにかく何にもならない。

同じ学年ですとアピールされたところでどうでもいい。

 

とにかくBさんのパターンは誰もがやりがちかつ一番やってはいけない例だ、貴様らよく覚えておけ。

この話は生きていくうえでめちゃくちゃ重要なのでまだしばらく続けます。

 

今日のまとめ

返しづらいメッセージ送った時点で貴様の負け

 

愛をこめて。シロクでした!

これまでいただいた占いのご感想はこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スパム対策として日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。