5・6月の受付スケジュールはこちら

知ってた?占いにも種類があるんです!

どうも、

大阪・梅田の仕事運専門占い師
兼オタクの宮田シロクです。

 

私は西洋占星術を専門にやっていますが、他にもたくさんの占いがあります。

種類を理解することでそのときの悩みやご自分に合った占いを選びやすくなるので、ぜひ正しい知識を身につけてくださいね。

 

命術(めいじゅつ)・命占(めいせん)とも呼ばれます。

生年月日や生まれた時間・場所をもとにその人の運勢や生まれ持った資質を占うもので、人類の膨大かつ緻密なデータの経験則というかんじです。

「与えられたカードで勝負するしかない」なんてよく言いますが、では自分にはどんなカードが与えられているのか?それをどう使うか?を知るには非常に有効です。

 

多くは王族や政治のために使われていた背景があるため、歴史が古いものがほとんどです。

ちなみにきちんとした占い師なら占術が違っても結果はだいたい同じになります

(西洋占星術と四柱推命で占っても似たような結果になる)。

 

ただ占者にとっても読むポイントが多いため、安い占いの館などではほんの一部分しか読んでくれない占い師もいるようです。高けりゃいいというものでもないんですけどね。

 

  • 西洋占星術
  • 四柱推命
  • 宿曜占星術
  • 紫微斗数
  • 九星気学

 

などがこれに当てはまります。

 

卜術(ぼくじゅつ)・卜占(ぼくせん)とも呼ばれます。

人気のタロット占いはこちらです。

現在の心理状態やYES・NOの選択などに適しています。気づきを与えるというかんじでしょうか。

はっきり自分の気持ちが出るのでセルフケアや内省にはものすごく役に立ちます。

 

おみくじ的なものになるため、結果が占者のスキルに左右されやすく長期の運勢を読むのには向いてません。

卜術で占いたい場合は3ヶ月くらいを目安にするといいでしょう。それ以上になると気持ちや環境も変わることがあるからです。

 

  • タロット占い
  • オラクルカード占い
  • ルーン占い
  • ダイス占い

 

などがこれに当てはまります。

 

相術(そうじゅつ)・相占(そうせん)とも呼ばれます。

手相や人相など、姿や形から吉凶を判断するものです。

驚くべきことに、これもけっこう命術と同じ結果が出たりします。

 

  • 手相
  • 人相
  • 姓名判断

 

などがこれに当てはまります。

 

命卜相と霊の違い

大きく分けてこの3つなのですが、さらに「霊」があります。

これはいわゆる霊感・霊能なのですが、前述の命卜相と大きな違いがあります。

 

  • 命卜相は技術・知識・学問
  • 霊は能力

 

という点です。

 

命卜相は学習で身につけることができます。私が「占いは勉強すれば誰でも当たります」と言うのはこのためです。

卜術は占者のスキルに左右される部分が大きいのですが、命術は星の意味を日本語に直す翻訳作業のようなものなのできちんと学べば本当に誰でもできます(それで稼げるかどうかは別)。

相術はよく知りません笑

 

一般的な占いのイメージは卜術と霊感です。

うさんくさく思えるのも当然っちゃ当然ですね。占いは特に守秘義務が厳しいため、内容を大っぴらにできません。

それがうさんくささを増長させる一因でもあるのでしょう。

 

基本的に自称「霊感」は信じない方が身のためです。ないとは言いませんが、技術の問題ではないのできちんとした人を見分けるのが非常に困難なためです。

 

 

なんにせよ、占いの結果はあくまでひとつの情報です。

占ってもらったからといって何かが変わるわけではありません。得られた情報をもとに実際行動するのは自分だからです。

ただうまく使えば人生をスムーズにすすめることが可能です。

この記事をもとにご自分に合った占いを選んでくださいね。

 

それではみなさん、素敵な占いライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スパム対策として日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。